© Les Globe Blogueurs
他ではみることのできない巨石遺跡
ビデオを見る

他ではみることのできない巨石遺跡

ブルターニュ南部はこの上なく貴重な巨石遺跡の宝庫。これほど巨石が集中している場所は世界でも稀です。

ミステリアスな列石のある、 カルナック Carnac

遺跡に向かい歩いて行くと、野原に4キロにわたって続くメンヒル(巨石)が目の前に現れます。
新石器時代に入念に並べられたメンヒルに、誰もが驚嘆の声をあげるでしょう。これらの石はなぜ
並べられたのでしょう? そのミステリーに興奮させられます。より詳しく知りたい方は、巨石会館
la maison des Mégalithesへどうぞ。展示のほか、フィルム上映、参加型のイベントなどが開催され
ており、さまざまな側面から巨石文化に光を当てています。ガイディングツアーに参加すれば複雑
な遺跡の見学もスムーズに。子供たちは古代の日常生活を体験するコーナーはいかがでしょうか。
日の出から日没まで、訪れる時間帯によって雰囲気が変化していくのも巨石遺跡の魅力です。

規格外の メンヒルのある ロクマリアケール Locmariaquer

ロクマリアケールの巨石遺跡を
訪れるのは、まさにドキドキの体
験です。特に「壊れたメンヒルle
grand menhir brisé」が好奇心を
誘います。 4つに割れた高さ20メ
ートル、重さ300トンの石に、大
人も子供も大興奮。先史時代に、
一体どのような方法でここまでこ
のような石を運んできたのでしょ
うか。割れた石以外にも18もの石
が並べられており、それらの運搬
方法も想像がつきません。
「商人のテーブル la table des
marchands」は共同羨道古墳(内
部に通路のある古墳)の良い一例。
一面に見事な装飾が刻まれていま
す。エル・グラ古墳le tumulus
d’Er Grahと「商人のテーブル」は
ともに代表的な巨大な古墳で、そ
の発見に夢が広がります

隠された宝、 ガブリニス古墳 Le tumulus de Gavrinis

モルビアン湾Le Golfe de Morbihanで見られる巨石はひっ
そりと佇んでいます。ガブリニス古墳Le tumulus de Gavrinis
がその代表例。置かれた当時は多くの人の目に入ったかもし
れませんが、現在は松の木々に遮られて見えない上、アク
セスも船に限られています。古墳に入ると、すぐ装飾が彫ら
れた石碑に心を揺さぶられるでしょう。同じ文様が繰り返し
使われており、石碑はそれぞれ一人の職人によって同じ様
式で彫られたものと想定されます。時空を超えた空間で、田
園の雰囲気と歴史の授業をお楽しみください。

 

ブルターニュ観光局公式サイト